意外と知らない包丁を長持ちさせる洗い方とメンテナンス

包丁を長持ちさせるための洗い方とメンテナンスを学び家事のスキルを高めましょう!

包丁の寿命は品質や手入れの仕方で異なるのか?

丈夫であり、金属独特の臭いが出ないのはステンレス包丁ならではの強みです。錆が生じにくいのもポイントで、定期的な手入れをすれば値段が安いものでも長く使用が可能です。また、ステンレス包丁の手入れの仕方をしることで、家事のスキルアップを目指せます。

鋼の包丁は軽くて使いやすいからおススメなのか?

重量がないうえ切れ味が良いのが、鋼の包丁ならではの強みです。高級な包丁も多く、長期間切れ味の良い状態を楽しめるうえ硬い食材でも力を加えることなく切りやすいです。しかし、金属タイプなので、手入れを怠れば錆や臭いが発生します。高い値段で購入しても、品質の劣化が早いとコスパは悪くなります。

砥石で磨く作業が包丁を長持ちさせやすくします!

ステンレスや鋼などの包丁をメンテナンスする際、砥石で磨く作業は欠かせません。しかし、今まで馴染みがない人にとり、この作業は負担に感じるかもしれません。初めはできる所から取り組み、少しずつ増やしていくと良いでしょう。手入れが好きになれば、包丁の物持ちを良くすることにも繋がります。

ステンレス包丁の品質と手入れのポイントは?

料理の際に家庭で使用する包丁は、ステンレスや鋼などの種類があります。ワンコインで購入可能なものから万単位の高級な包丁まで、値段の幅も大きいです。


ワンコインの包丁も販売されており、ステンレスタイプは刃の欠けに強いうえ切れ味良好なものは少なくありません。一方、重量があるため、力の弱い人が使用すると思うように切れない可能性が増します。そのうえ、怪我のリスクも出ます。セラミックタイプであれば金属アレルギー予防が図れるうえ、通常の食材なら大きな力を加えることなく使用ができます。しかし、固めの食材を切る場合は、刃が欠けやすいです。ワンコイン包丁は、普段からあまり料理をしない人向けかもしれません。

値段の高い包丁であれば、これらのリスクは下がります。そのうえ、毎日洗浄を行い清潔に保つ以外に、自分で砥石を用いて手入れをすれば長期間劣化することなく使用が可能です。毎日料理をする人は、使い続けることで切れ味の悪さを感じてしまいます。その悩みが起きにくくなるのも、1つの強みでし。その中でも鋼の包丁は切れ味が良いうえ、大きな力を加えなくても良いです。砥石で研ぐ際も短時間で済む傾向にあり、手間を気にする人には心強さを得られます。ただし、錆は発生する可能性が高めなうえ、金属の臭いが発生する可能性は出ます。

磨く際は砥石を使用しますが、最初は荒砥・中砥・仕上げ砥がセットになっているものを選ぶと良いでしょう。そのうえで、3つ使いこなせるか不安な人は中砥で研いだ後に仕上げ砥で磨きましょう。上手に使いこなせる段階で荒砥を使うようにすれば、包丁研ぎの負担が大きく掛かりません。それにより、家事のスキルアップへと繋がります。


TOP