沢山の人が発症しているうつ病【原因を徹底解剖】

医者

少しずつ変化させていく

聴診器

人間関係を徹底して改善

うつ病の原因として挙げられるのは、巷ではストレスとよく言われています。もちろんストレスという表現方法も間違いではないですが、詳しくは、幼少期に形成された性格の形に対する反応ともいいかえるることが可能です。そして、もう一つの表現方法としては内的要因と外的要因とも表現できます。ストレスのうち分けを見てみると、大体は人間関係によるものが多いとされています。逆に表現すると人間関係を見直すだけで、かなり素晴らしい方向に改善可能ともいえます。人間関係をよく見てみると、支配的な性格傾向にある人のそばにいる人に、うつの可能性が出てくるということが多いです。さらに、支配的な性格の人だけではなく、自分のもともと持っている性質と組み合わさることが原因でうつが発症するということになりますが、うつ病の症状が現れた人を、心理学的な呼び方としてはみなし患者と表現することも多く、精神科医の方々は、みなし患者の方の周りにいる人に支配的な性格傾向の人がいないかしっかりとチェックする、という作業をすることになります。支配的な人が見つかった場合には、距離を置くように説得するということになりますが、説明にはかなり苦労する場合が多くなります。余計な我慢をせず、相手を理解するということではなく、物理的な距離を置くという作業が大切ということが強調されます。そして次に本人の物事の受け止め方を変える作業をして、地道に回復を目指していくということになります。また、うつになる人はまじめで几帳面な性格の方が多いとされていますが、完璧主義ということもうつ病の原因にあげられます。アダルトチルドレンの人に完璧主義の方が多い理由は、親との関係にあるとされていますが、このアダルトチルトレンもうつの原因の一つになります。同じ状況であってもうつ病になる人とならない人がいるのは、物事の受け止め方が違うからです。アダルトチルドレンの場合は周囲に気を使いすぎて疲弊するなどの、かなり不利な物事のとらえ方をする場合が多いですから、しっかりと行動療法等で受け止め方を変えていく必要があります。